夏の日差し

久しぶりに夏の太陽の光が差し込みました。気温はそこまで上がらず過ごしやすい日です。
地植えされた作物にとっても待ちわびた光です。

硫黄山が久しぶりにクリアに姿を見せてくれました。

硫黄山を望む一角に、長く手を着けられてこなかった場所が。
いつもならギシギシやコンフリーなど雑草が伸び放題の場所ですが、せっかくの場所なので見せられるものにしようと、とりあえずハーブ中心としたガーデンとするべく手を入れ始めています。

写真ではまったくわからず、雑草が摘まれただけの荒地のように見えますが、数種類のハーブと一部作物類が自然農的な環境の中伸び始めています。

これから気温が上がると一気に成長すると思いますので、都度ご紹介します!

ルピナスの季節

ルピナスが咲き出しました。そろそろ夏が始まりますね。

昨日は全道で荒れ模様の天候で、今も時折小雨がぱらついています。

数日前の猛暑が嘘のように肌寒い日が続いていますが、そろそろお日様の顔が見たい、と草花たちも思っていることでしょう。

ルピナスとツツジたちの共演

移りゆく季節

6月に入りました。
暑いくらいの日が続いたかと思うと、0度近くの朝があったりと、特に農作物の苗の状態が心配になる季節です。
そんな中ですが、確実に季節は夏へ向かっています。
今朝はガーデン中からセミとカエルの大合唱が響いていますよ。

花々や野の生き物たちの姿も季節とともに変わります。

やさしいピンクのクロフネツツジも咲き出しています。
夢中で蜜を吸い飛び回るミヤマカラスアゲハ。

春満開

コブシの花の落ちる頃、春の花が満開となっています。

建物脇の花壇にはシバザクラをはじめ賑やかになって来ました
カワユエンレイソウの群落
奥からエゾヤマザクラ、チシマザクラ、スイセン
枯れ草に覆われながら人知れず咲くチシマザクラですが・・・
立派な花をつけました

今年の春は気温の上がり下がりがはげしい日が続いています。
みなさまお体にはお気をつけて・・・

雨に咲く

今日、こどもの日の川湯は雨が降ったり陽が射したり、雹が降ったりと不安定なお天気でした。

そんな日の雨上がりのガーデンに咲く春の花を接写しました。

今年も可憐な花を見せてくれたサンギナリア・カナデンシス。せっかく咲いたと思ったら雨で花びらが落ちてしまいました。
咲く準備万端のカワユエンレイソウ。
俯いて咲くこの花は?
クリスマスローズ・オリエンタリスでした。

4月の夏

4月の前半はパッとしない天気が続いていましたが、後半はお天気の日も多く、あっという間に雪解けが進みました。
そして今日は川湯でも25度まで気温が上昇。春を通り越して夏が来たようです。

いつの間にかエゾエンゴサクも咲き出していました。

エゾエンゴサクとフキノトウ

遠き春

3月も後半。東京でも桜が咲き始めているようですね。

こちら道東川湯でも、フクジュソウなど春の花の知らせが聞こえますが、ガーデン内にままだ花は見られません。
だいぶ暖かくはなってきましたが、まだ日中でも氷点下の日もあり、春の訪れはまだ先のようです。

昨晩降った雪がうっすら積もり、でこぼこだった雪原を綺麗に化粧直ししてくれましたよ。

曇天の硫黄山

雪嵐のち晴れ

月が変わりました。
今年の3月は雪嵐での始まりとなりました。
ここ弟子屈町にも今冬初めての暴風雪警報。

嵐が多くの積雪を残していきました。

今日は晴れ、太陽によって湿り気をます雪は重く、雪かきがまた大変になります。

寒さのピークは過ぎましたが、春はまだまだ先です。

池の周囲にも雪の壁ができましたよ。

青空と足跡と

朝晩はぐんと冷え込むものの、日中は太陽が出て気温が上昇するような日がこのところ続いています。

そのおかげで摩周湖の全面結氷を期待している写真家さんたちには、もどかしさも募っているかもしれないですね。
とはいえやはり冬の青空は道東の恵みだなと感じます。

ビレッジ内の水源から北を写す。青空の青と白樺と雪の白のコントラストが美しい。

50cmほど積もる雪の上にはいろいろな動物たちの足跡が重なりあっています。

手前から奥に、エゾクロテンらしき足跡が作業小屋の屋根まで続います。

交差するように左側からエゾユキウサギがのんびり歩いている(跳ねている)様子が伺えます。

他にもエゾシカやキタキツネ、エゾタヌキ、エゾリスなどの足跡も見つけることができますよ。

ぜひ皆さんも探しに来てください!

作業小屋の屋根まで続く動物たちの足跡。

 

灯の森

厳寒期に入って来ました。

ここ道東・川湯の冷え込みは例年に比べてもそこまでではないですが、東京をはじめ日本各地で稀に見る大雪・低温という気象に翻弄されていますね。
事故なども起きやすいですが、くれぐれも起きをつけください。

さて、川湯では間も無く毎年恒例真冬のお祭り「ダイヤモンドダストinKAWAYU」が開催されます。
ことしは会場を森の中とし「灯の森」をテーマに森全体がアートとなっています。
一足早く灯火の森は今夜から始まっており、ランタンの光が川湯の雪が舞う森を幻想的に照らし出しています。

灯の森のいりぐちです。ここから森の中に入って行きます。
しずくの形をした氷のランタンが橋を照らします。
雪や氷でできた建物がつくる可愛らしい町のオブジェ。

イベントは2/22まで開催されています。

道東へお越しの際はぜひご覧になってください!