薄氷の候

10月も下旬となり、水溜りには薄い氷が張る朝も出てきました。

例年より早く色づいた紅葉も散り終え、あっという間に寂しくなるかと思いきや、時間差で色づく木々もあり、あと少し紅葉が楽しめそうです。

川湯ビレッジの内庭も、鮮やかに色づいたハウチワカエデが完全に散った後に、隣のヤマモミジが綺麗に色づいています。

色づくヤマモミジ。向こうのイタヤカエデも含めて黄色〜赤のグラデーションが美しい。

庭を歩いていると、季節外れのタンポポが一輪。

ポツンと咲く姿が健気で、元気を分けてもらっている気がします。

近くの畑には来たから渡ってきた冬鳥たちが餌を探す光景が見られます。

冬の使者、オオハクチョウ。

そろそろ終わりを迎える秋。天候は落ち着いて抜けるような気持ちのよい秋空が広がる日も多いです。

しかし確実に近づいて来ている冬。「もう冬タイヤに換えたよ」という風物詩的会話もちらほら。
スリップ事故のニュースも毎日のように聞かれます。どうぞ運転にはお気をつけください。

360°雲のない日のアトサヌプリ。

足早な秋

例年よりも早く紅葉の季節がやってきました。
そして例年よりも足早に去って行くことになりそうです。

あざやかに紅く、また黄色く色づかせている木もあれば、すでに半分以上落葉しているものも。

ガーデン内の紅葉・黄葉の様子をお届けします。

落葉は秋から冬への合図。裸になった木々は否応なく見る人に寂しさを感じさせますが、いいこともあります。

木々を移り飛ぶ小鳥たちの姿をとらえやすくなり、バードウォッチングには最適な季節なのです。
この日も期せずして可愛らしい住人が姿を見せてくれましたよ♪

秋の空と色づく秋

時に汗ばむほどに気温が上がることもありますが、吹く風は気持ち良い秋の風です。

朝方は雲に覆われている空が、徐々に晴れて午後には秋晴れになる、そんな日が続いています。

色々な形の雲が空を賑やかに演出する秋。

庭のヤマブドウも美しく色づき始めています。

だいぶ剪定をしましたが、それでもこんもりしているブドウ棚。
色も姿形も美しく、決して人の手では作れない神の創造の業、その偉大さを感じずにはいられません。

これから紅葉が終わる11月初旬頃は気候も良く、素晴らしい景色も楽しめるので本当におすすめの季節です。
ワクチンの接種も進み、人出の増加も期待したいところですが、コロナの状況もまだまだ予断することはできませんね。

みなさまの守りを祈りつつ、お会いできる日を楽しみにお待ちしています。

夏の収穫!

例年にない暑さの中、ハウス内ではぐんぐん夏の野菜たちが育ち、収穫の恵みのときを迎えています。

カボチャのようなトマトや立派なナスたち

オリンピックは終わり、コロナは依然収まる様子がみられません。
心配も尽きませんが、機会がありましたら是非大自然の中休まりにお越しください。

北海道は長く続いた猛暑から一転、初冬の寒さとなっています。
また暑くなるとしても、あれほどの暑さにはならないでしょう。(と望みます・・・)

どうぞみなさま体調にお気をつけください。

溽暑と遠雷

8月に入り久しぶりの雨。ようやく暑さも一段落。

・・・かと思いきや、気温はそれほど下がらず湿度だけが上昇し、その結果体感気温はますます上昇!北海道全域異常気象が続いています。

まもなく札幌ではオリンピックのマラソン、競歩が行われるということですが、選手のみなさんの健康が心配されます。

北海道はエアコンがない家も多いです。道民の方々もどうぞお気をつけください。

鮮やかなオレンジのヒメヒマワリには恵みの雨

夏休み!

学校は夏休みに突入。そしてオリンピックが始まりましたね。
これでコロナがなければ言うことなしなのですが・・・

それでもワクチンのおかげもあってか、人が動き始めていますね。
川湯ビレッジにもこれから何組かお客様をお迎えする予定が入っています。
それに合わせて、施設内の改修やリニューアルも行なっております。
建物は古いですが、気持ちよくご利用いただけるよう努めていきますので、どうぞみなさまご利用ください!

いくつかの客室にはベッドが入りました。
トイレの便器もリニューアル。温水洗浄便座になりました!

今月半ばから続く暑さは翳ることなく続いています。
その暑さに誘われるように今年もアブが大発生しています。

暑さとアブにはどうぞ御用心ください。

うだる夏

曇りがちだった前半から打って変わって、後半に入った7月は好天が続き気温もぐんぐん上がっています。
ここ数日は国内の最高気温の上位を道東の町が占めるという異常事態。猛暑日となった周囲の町の中で、弟子屈・川湯はぎりぎり35度を下回っている?状態です。

青空は気持ちがよいですが、暑くなり過ぎるのはちょっと・・・
真夏の硫黄山

人は暑さにやられがちですが、森や道の上には巣立ったばかり?の若い野鳥がたちが元気なあどけない姿を見せてくれていますよ。

明日はまた全国的に好天となり暑くなるようです。体調にはくれぐれもお気をつけください。

気まぐれな7月

7月に入り曇りがちな日が続いています。

そんな中でもガーデンがある弟子屈町北部は比較的陽が差し込む時間もあり、外作業をしていると汗が流れますが、そこまでは暑くなりきらない感じです。

先週までせわしく泣いていたエゾハルゼミの声もパタっと聞こえなくなり、代わりに足元から絶え間なく「ジジジッジジジジッ」と鳴く声が。

正体を探ろうと足元の草むらを見つめても小さすぎるのか保護色なのか、なかなか見つけられません。

それでも声の聞こえる方を追っていくと・・・

小さなバッタが隠れていました。どこかで左の触覚を落としていますね。

いました。小さなバッタでした。
泣き声と思っていたのは、バッタが脚と翅を擦り合わせて出していた音でした。

「エゾコバネヒナバッタ」という種類のバッタのようです。道東では草むらや牧草地によくいるバッタということ。

何気なく聞いていた音の正体がわかると、一つまた自然が身近に感じます。うれしいですね。

そしてガーデン内を彩る花は次々と入れ替わっていきます。

しばらく雨や曇りの日が続くという予報です。
そうなるとお日様が恋しくなりますが、これもまた神様の恵みですね。

2021夏来る

6月に入りました。ぐずぐずが続いた5月とは打って変わり、強い日差しが照りつける日が続きます。
特にこの3日間は道東内陸部では真夏日となるところも出てきています。
湿度は比較的低いので、外作業でも風が心地よく汗を除いてくれます。

建物も夏モードに突入です。(どこが変わったでしょうか?)
緑が濃くなってきました。
ヤマモミジの葉っぱもわさわさ茂ってきています。

今シーズン2回目となる池の藻の掃除を行いました。
またあっという間に広がるでしょうけれど・・・。

水面に映るサツキツツジとノビタキ(雌)。
ブルーが鮮やかなミヤマカラスアゲハも嬉しそうに花々の上を飛び交っています。

先週は強風を伴う雨が降り、この辺りでも倒木などの被害が少なからずありました。
ガーデン内でもシラカバの木が一本倒れ散策路を塞いでしまっています。歩かれる際はご注意ください。

太目のシラカバが完全に倒れました・・・。

今日は最も気温が上がりそうです。皆様体調にはご注意くださいね。

色とりどり

相変わらず暑くなったり、寒くなったりの日が続く5月です。

例年より早く去るサクラの季節。ガーデン内ではポスト・チェリーの多くの花々が咲き始めています。

実のなる木は白い花を。
ちなみにスモモの木はこれまで実をつけたことはありませんが・・・。

園芸種も手入れをほとんどしていないのに、毎年鮮やかな色を見せてくれます。

シメ

シメです。
図鑑で見るシメの嘴はもっと淡いオレンジ色がかった色で、この鳥は本当にシメだろうか?と不安になりましたが、突っ込んで調べてみると、繁殖期にはシメの嘴の色が鉛色に変わるとか。そういうことだったんですね・・・

しばらくはぐずついた天気が続くという予報が出ています。
コロナウイルスのワクチン摂取が徐々に始まっていますが、その広がりはまだ収まってはいません。
どうぞお気をつけください。お祈りしています。